スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

No6 鼻の手術が怖い②

 手術の中身だけでなく、手術後の後の話が嫌である。
口の中の上側を切って手術したために、手術後も食事は
そのまま食べられずに、ストローのようなもので食事して
いたいうのだ。それも一週間近く。

ああ、おいしいものが食べられなずに、ストロー経由で
栄養を取るとは、これは辛いものだ。

 現在35歳。
30代までにはどこかで、鼻の手術をしようと思っている。
スポンサーサイト
line

No5 鼻の手術が怖い①

 だいたい鼻の手術、蓄膿の手術は怖い。
手術をした人の話をきけば聞くほど、怖くなる。

なんでも口の中の上側に穴をあけてそこから鼻に
近づき、鼻たけをとったり蓄膿を直したりすると
いうのだ。

 上さんの知り合いに鼻たけをとった人がいるが
その人は、口の中の上側を切って、そこから
メスをいれて鼻の中の、鼻たけを切ったというのだ。
結構な量がとれたらしく、手術後の現在はまるで
以前とは別世界であるという表現である。

別世界である。ああ~。分かる気がする。
鼻が直ってなくても、空気が胸いっぱい吸えると
いうことが素晴らしいことぐらいわかる。

その人は、鼻から空気を吸えるというのは
こういうことかと手術後に初めてしったというのだ。

ああ、うらやましい。だが手術の中身を聞けば聞くほど怖いものだ。





line

No4 鼻が悪い人と口呼吸

だいたい鼻が悪い人、蓄膿の人は、鼻が詰まっている関係で
鼻呼吸ができない。概ね口呼吸になる。

その為に以下の状態を催しやすい。

 ① 喉を痛める。
 ② いびきがうるさい。
 ③ 肺を痛めやすい(肺炎になりやすい)
 ④ 虫歯になりやすい。(口呼吸で唾液がでやすい)
 ⑤ 長距離は苦手、水泳も苦手
 ⑥ 集中力に欠けやすい。どこか落ち着かない。


信じられないことに、蓄膿の人は、自分が蓄膿であること
さえ気づきにくい。小さい頃から鼻が悪かった私がまるで
そのことに気づかないようである。

だが上記の①~⑥すべてに自分は当てはまっている。
line

No3 新鮮な空気を

 新鮮な空気を!
胸いっぱいに吸ってみたい。

私は小さい頃から鼻が悪く、いつも鼻がつまっていたので
空気を、酸素を思いっきりすったことがないのだと思う。たぶん。

思いっきり空気を吸ったことがないから、それがどういうものか
わからない。

結婚して上さんに言われるまで、自分の鼻が蓄膿であるかとを
考えたことはなかった。他の人もこうなのだろうなと思っていた。

だが、やはり小さい頃からマラソンはきつかったし、
なんとも言っても水泳で、息継ぎ前に、空気をプールに
はいておくことはできなかった。
 空気を吸う直前に空気を吐いて、それから吸っていた。


line

鼻たけ、蓄膿

鼻が悪いといっても色々あるようだ。

蓄膿が良く知られているが、鼻たけといって鼻の中に
できものができて、その為に空気の通りを妨げることも
あるのだ。

 かみさんの知り合いに、鼻たけができていたが
鼻を手術したら、本当に鼻のとおりが良くなったそうだ。

その時にとった鼻たけも1つや2つではなくたくさん
あったそうだ。

なんか、鼻たけがたくさんあるというのを聴くと
通常のキノコが、地面から何本もニョキニョキと生えて
いるのを想像してしまうのだが、鼻たけというものは
どういうものであろうか?

 
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

稲穂黄金

Author:稲穂黄金
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。